働く人の本音を世の中に生かす

お金に不安を感じている会社員こそビットコインを保有しておくべきたった1つの理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー/調香師 「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、心優しくも励ましが必要な人たちの手助けになればと思っています。 フレグランスデザインでは、あらゆる香りを創ることができます。
詳しいプロフィールはこちら

最近は、新聞やニュースなどでも取り上げられるようになったビットコイン。

仮想通貨という名前や2014年におきた仮想通貨取引所マウントゴックスのビットコイン喪失事件などで、日本ではあまりよいイメージのないビットコインですが、いろいろ勉強してみると、かなりすごい可能性を秘めているものだとわかりました。

 

会社で働いていると、目の前の仕事に追われてしまって、なかなかこうした最先端の情報に触れることが少ないかもしれませんが、ビットコインは世の中の仕組みが大きく変わるキーワードでもあります。

 

「会社で一生懸命に働いてもなかなかお給料が上がらない」
とか、
「今の稼ぎで将来的にもやっていけるか不安だ」
…と、考えているならば、少しだけビットコインを持っておくと、いい改善策に出会えるかもしれません。

 

ビットコインに関する情報は、ネット上でもたくさんの情報を得ることができます。しかし、仕組みの専門的技術的観点とか、投機的な視点から説明している内容がほとんどなので、なかなかビットコインの本質にフォーカスした情報に当たりにくいという状況にあります。

 

今回は、ビットコインを保有していると、なぜいいことがあるのか、その点について書いてみます。

 

そもそもビットコインって何?

 

ビットコインってなんなの?

…ということを説明するのに、「仮想通貨とは」とか「ビットコインを支えるブロックチェーンとは」ということから説明しなければならないのですが、そうした情報はいろいろなサイトで公開されています。

 

ビットコインのことを、ものすごく単純化していうと、
インターネット上で取引されたり発行されたりする暗号化されたお金のようなもの、といえます。

 

特徴は次のとおりです。

  • 政府や中央銀行などの特定の管理者がいない
  • 個人間で直接的に送金することができる
  • 手数料が格安で地球上のどこへでも送金可能

…こうした性質を持ったデジタル通貨がビットコインなのですが、これの一体何が画期的で世界に変革をもたらすのでしょうか。

 

ビットコインが世界に与えるインパクト

 

通常、貨幣や紙幣の発行は、国の独占的な権限です。

日本の場合は、十円玉や百円玉などの貨幣は政府が発行し、紙幣は日本銀行が「日本銀行券」ということで発行します。きちんとした管理者がいるわけです。

 

しかし、ビットコインにはこうした管理者が存在せずに、世界中の有志が運営しているのです。そのため、ビットコインのプログラムや取引台帳というものも、すべてインターネット上に公開されていて誰でも閲覧することが可能です。

 

そうした仕組みを可能にしたのが、ブロックチェーンという技術なのですが、専門的になりすぎるので、ここでは割愛します。

 

要するに、通貨の独占的発行者である国家から解放されたところでビットコインは発行されているのです。お金は国家しか発行できないという常識を覆してしまったわけです。

 

日本にいるとあまり意識しないことですが、他の国にでは、自分たちの通貨を信用していない国民もたくさんいます。

例えば、東アフリカのジンバブエでは、国家が発行する通貨の信用が落ちに落ちて、年間のインフレ率は2億3000万%という、超ハイパーインフレに陥りました。

 

私が体験した例で言えば、昔、中国を旅行していた時に、市場で中国の通貨である「元」で買い物をしたら、「この紙幣は偽物だ」といって受け取ってもらえなかったことがありました。

中国人民銀行で両替した紙幣であったにも関わらず、です。

 

日本国内で、こうしたことに遭遇することはないと思います。

 

私たちが使っている通貨は無意識にうちに信用されていて、誰もがその額面通りに受け取ってくれるはずです。

 

自分の国の通貨を信用しない国民が、世界に通用するビットコインを買っているわけです。

自分の国の通貨よりも、世界で通用する暗号通貨の方を信用している、ということですね。

 

これが広がっていくと、国家の独占的権限であった通貨発行権が脅かされて、国家の枠組みがぼやけてくるのです。国家に対する国民の信頼も薄れていってしまうということです。

 

ビットコインの利用者が爆発的に増えていく

 

ビットコインの特徴としては「国家や銀行などの管理者がいない」ということを書きました。

これはビットコインが非中央集権的と言われる理由です。

中央集権とは、中央に権限を集めて周辺をコントロールすることですが、非中央集権とは、逆に権限を分散して権限を特定の誰かに集中させないことです。

 

今の世の中は、お金を送金するにも、必ず中央集権的な何かを経由しないとお金を送ることができません。

 

例えば、銀行振込がそうです。

 

会社から給料をもらうのに、昔は給料袋に現金を入れて直接もらっていた時代もあったようですが、今ではほぼすべて銀行振込で口座にお金を入れてもらっているはずです。

 

これは、給料袋の時と違って、社長から従業員個人に直接お金を渡すのではなく、銀行という仲介者を通じて渡しているわけです。お金の取引データは銀行にすべて記載されます。

 

しかし、ビットコインを使うと、社長個人から従業員個人に対してメールで送るようにお金を送金することができるのです。しかも、送金手数料もごくわずかです。

 

一人30万円の給料を100人に振り込んだら、1件の手数料が648円としても毎月64800円がかかってしまいます。しかし、ビットコインなら、0円から400円くらいです(相場も1件いくらと定義するのは難しいのですが)。

 

これは国内での送金ではあまり恩恵を感じないかもしれませんが、海外へ送金する場合には3万円送金するのに手数料が5千円くらいかかったりして、本当に割に合わないと感じている人は多いと思います。

 

特に出稼ぎに来ている外国人が母国の家族に送金しようとした時に、手数料の分、稼ぎが少なくなってしまうわけですから。おまけに送金にかかる時間も一週間くらいかかったりします。

ですから、銀行などを通さずにビットコインで送金できれば、送金も10分くらいで完了するし、ものすごく経済的なわけです。

 

こうした人たちがビットコインの利用に拍車をかける可能性が高いのです。

 

そして、さらに爆発的なインパクトがあるのは、世界中で銀行口座を持っていない人たちの存在です。

 

日本に住んでいると、銀行口座は誰でも作れるものだと感じてしまいますが、世界中には、銀行口座を作りたくても作れない人たちがたくさんいるのです。

 

例えば、日本の男性の金融機関口座保有率は約96%ですが、世界平均は約49%となっていて、半数以上は口座を持っていないのです。

インドネシアは約20%ですし、カンボジアにおいては、4%に満たない水準です。

 

ただ、金融機関口座を持っていない人もスマートフォンは持っているのです。

インドネシアで口座を持っている人は15歳以上の男性で約20%ですが、スマートフォンを持っている人は1億人以上。インドネシアの人口が約2.5億人ですから、全人口の半数に近い人たちがスマホは持っているわけです。

 

スマートフォンを持っていると、ビットコインを利用できます。要するに金融機関口座を持っていなくても、ビットコインを使って自由に経済的価値を取引できるのです。

 

このような人たちが世界中にたくさんいます。そして、ビットコインの利用者になれば、流通量は爆発的に増えて、世界の基軸通貨のようになるかもしれません。

そうすると、通貨の仲介者として中央集権的に君臨してきた銀行はいらなくなってしまうかもしれないのです。

 

ビットコインはそのような革命的なポテンシャルを含んでいます。だから、画期的なのです。

 

ビットコインの可能性は無限大。でも、はかなく散るかもしれない

 

ビットコインも誕生して10年もたっておらず、未だに試行錯誤を繰り返しているような黎明期です。だから、これからどのようになっていくのか、確たる予想は誰もできません。

 

この辺の不確実さがビットコインの危うさでもあります。

 

ビットコインの中央集権的ではない、という革命的な性質が世界中の国家を慌てさせています。

中国は9月4日にビットコインなどの仮想通貨で資金を集めるICO(Initial Coin Offering:企業などが独自の仮想通貨を発行して資金を集める手法。株式市場の新規株式公開と似ている)を禁止すると発表しました。

要するに、ビットコインなどの仮想通貨に脅威を感じているわけです。

 

もちろん、ICOは株式市場のように規制がほとんどなく、投資家保護も未整備のため、詐欺まがいの案件がはびこったりと、負の側面もあります。ですから、健全な運用のために一定のルールは必要だと思います。

 

しかしながら、そうした法整備に先駆けて、現実はどんどん先に進んでしまっているのです。世界の変化が加速しているということはこのようなことです。

 

今後、ビットコインなどの仮想通貨が拡大して価値が上がっていくのか、それとも強い規制が入って廃れてしまうのか、それについては、明確に答えられる人はいないでしょう。私もこれからどのようになるのかはわかりません。

 

このように、不確実性という観点から言えば、ビットコインはとてもリスキーです。しかし、一方で、壮大なポテンシャルを持っていることも確かです。現に、ビットコインなどの仮想通貨を支えているブロックチェーンの技術は国家レベルでも研究が進んでいます。

 

それで結局ビットコインは儲かるのか

 

いちばん関心があるのは、
「結局、ビットコインって買っておけば儲かるの?」
ということだと思います。

 

答えは
儲かるかどうかはわからない。でも、少しだけ手に入れておいた方が良い
ということです。

 

私は今年の夏に少しビットコインを買いました。

 

以前であれば「そんなわけのわからないものにお金を払うなんてバカじゃないの?」と感じていましたが、いろいろと調べていくうちに、私としてはビットコインの持つポテンシャルの方に魅力を感じました。

 

ただ、最初にビットコインを買うときには、「購入ボタン」をクリックするのが怖かったです。最初は小さい額の取引でしたが、「本当に大丈夫なのか!?」と思いながら、恐る恐るポチったのを覚えています。

 

それで、結局、いま現在、儲かっているかと言えば、利益はプラスになっています。

 

しかし、それは結果論に過ぎません。それに、まだ換金したことがないので、見た目上、儲かっているように見えるだけです。

 

これから、ビットコインが大きく成長して、さらに大きな金額を手に入れるかもしれません。もしくは、なにかしらの原因で、ただの無価値なデータになってしまうかもしれません。

 

でも、ビットコインを保有していなければ、大きな金額を手に入れる機会も失ってしまうのです。黎明期だからこそ、リスクは高いけれど、大きな成長に参加できるチャンスでもあるのです。

 

ビットコインを少しだけ買っておく意味

 

ビットコインへの投資はリスクがあります。よって、はじめから大きな金額を投入するのは危険です。

 

いちばんいいのは、なくなってしまうのは痛いけれど、かろうじて許せる、という範囲の金額でビットコインを買ってみることです。

そうすることの最大のメリットは、ビットコインに関する情報をキャッチするアンテナを得る、ということです。

 

少ない金額でも、ビットコインを買ってみると、それに関する情報に敏感になります。はじめは、あなたが購入したビットコインが今現在いくらで取引されているのか、今、自分は儲かっているのか損をしているのか、ということが気になってしまうかもしれません。

 

でも、ビットコインを購入することで、重要な情報も自然と入ってくるようになります。あなたが建てたアンテナに情報が引っかかってくるのです。

 

これが少しだけでもビットコインを保有したほうがよい理由です。

 

少しだけという金額は人によって様々だと思います。それは、1万円かもしれませんし、3千円が限界という方もいるかもしれません。

 

ただ、アンテナに引っかかって来た情報により、ビットコインのことをいろいろと勉強するようになるでしょう。そして、仮想通貨の可能性やリスクについても、少しずつ知識が増えていくと思います。

 

そうすると、ビットコインを買い増しした方が良いのか、それとも、やっぱりビットコインはやめるべき、となるのか、自分で判断ができるようになります。つまり、自分の頭で考えることができるようになるのです。

 

わけのわからないものには投資しない、というのが鉄則です。

そして、安く買って高く売り、利ざやを稼ごうとする投機的な売買も負ける可能性が極めて高いです。こうした行為も、ビットコインの本質を捉えているわけではありません。

 

しかしながら、実際にはビットコインなどの仮想通貨取引所に口座を持っている日本人の99%が、こうした投機的取引に熱中しているというのも事実です。(仮想通貨取引所のビットポイント社長談)

こうした目先の利益にまどわされないことが大事だと思っています。

 

ビットコインの本質がわかってくると、ビットコインなどの仮想通貨でしかできない案件(例えばCOMSAALISなど)にも興味が出てくるようになります。

 

ビットコインを入り口にして、お金を増やす方法が、単純に労働して稼ぐだけではない、ということを知ることになると思います。そうすると、お金を増やすチャンネルをいくつか得られるかもしれません。

それが、お金の不安に対する緩和剤、そして、ほんの少しだとしても希望になったりするのです。

 

まとめ

 

今回はビットコインの本質について書いてみました。

 

会社に勤めていると、どうしてもこのような情報については、関心を持ちづらくなると思います。関心を持ったとしても、儲け話とかギャンブルのたぐいに引き寄せられてしまうかもしれません。

でも、そうした情報にまどわされずに、自分の頭で考えることです。

 

今、ビットコインの登場により、大きな変革の波と、既存の保守的な波とが、押しつ押されつの混沌とした状態にあると思います。

 

ただ、これまで見てきたように、ビットコインには大きな可能性を秘めています。世界中の人々がビットコインを通じて、自分の経済的価値を地球の裏側にまで提供できるような時代が来るかもしれません。

 

そのときは、あなたができる、そして、あなたしかできないような「自分らしさ」をあらゆる場所に運ぶことができるようになります

逆に、今まで銀行口座も持てなかった国の国民が、自分の才能や得意なことを、日本や世界に提供できるようになるかもしれないのです。そうしたことで、世界中で自分らしく生きるという生き方が標準的になるかもしれませんし、貧富の差も減少していくかもしれません。

 

こうしたポテンシャルに夢を見出したので、私は少しずつビットコインを買ってみることにしたのです。

ただ、まだ全面的にビットコインを信頼するには至っていません。やはり不確実であることにはかわりないからです。

 

でも、自分で納得して購入しているので、ビットコインが無価値になってしまっても、それはそれでとても悲しいことですが、自己責任ということで諦めることができます。

 

ビットコインを少額でもいいから保有することを勧めるのは、こうした情報をキャッチするためです。そして、結果として、あなたが蒔いた種が、あとあと大きな金額に育っているかもしれません。

 

現代のような不確実な世界では、お金に関してもバラエティ豊かにしておくほうがよいと思っています。

 

でも、くれぐれも無理のない範囲にしてくださいね!

 

働く環境を健やかに

職場の「困った!」を教えてください。記事中で無料でコメントしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー/調香師 「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、心優しくも励ましが必要な人たちの手助けになればと思っています。 フレグランスデザインでは、あらゆる香りを創ることができます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© カウンセリング・ビズ , 2017 All Rights Reserved.