働く人の本音を世の中に生かす

やりたいことがなければ総務部や経理部の仕事を狙ってみよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー/調香師 「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、心優しくも励ましが必要な人たちの手助けになればと思っています。 フレグランスデザインでは、あらゆる香りを創ることができます。
詳しいプロフィールはこちら

「何もやりたいことがないけれど就職しなくちゃ」と考えたとき、選択肢に入れておくべきことは、会社名ではなく仕事の部門で選ぶことです。

さらに、会社が大企業であればいうことなし、です。

新卒以外で入社するのは大変ですが、中途採用や契約社員の募集があった場合に、チャレンジしておきたいものです。

やはり、なんだかんだ言っても、大企業でかつ総務部や経理部などの事務職が圧倒的に働きやすい、ということは事実です。

(現役の人は、総務や経理だって大変なのよっ!…っていうかもしれませんが)

 

やっている仕事はどの会社も同じ

 

会社員の仕事って、商品やサービスを顧客に売る、という点では、どこも同じです。その商品やサービスが違うだけです。

会社員の仕事の中でも、特に一般管理部門は、どの会社もやっていることは同じです。

一般管理部門とは、会社組織をお世話する部門のことで、総務部や経理部、企画部などの内勤がこれにあたります。

 

要するに、現場で身体を動かして、直接お金を稼いでいるような部門ではなくて、会社の人たちが円滑に仕事ができるように支援をするような部門が一般管理部門です。

 

確かに、会社によってはいろいろと文化の違いはあります。

しかし、特に総務部や経理部の仕事は、法令に則ってやる仕事が多いので、どの会社も同じようなことをしている、ということになります。

 

よって、「資格取得などの目標を見失ってしまった」と、途方に暮れている場合には、とりあえず、どの会社でもいいから、総務部や経理部などの事務仕事の募集を狙いたいものです。

 

ただ、こうした一般管理部門は、募集が少ないのも事実です。

どの会社も同じような仕事であるため、各企業とも、その部門で働く人を会社内で見つけることができます。

また、総務部や経理部は、ずっと何年も同じ人がやっている、というところが多いからです。

これは、大企業であっても同じような傾向で、定期的に部署を変わったり転勤したりする人事異動でも、総務部や経理部は無風状態が続きます。

それだけに、こうした事務職は「採用枠」が少ないわけです。

 

ですから、どの会社でもよいから、総務部や経理部などの求人が出たら、すぐに応募することをお勧めします。

 

経理部の場合は、簿記2級以上の資格が求めらることもありますが、システム化されていたり、経理規定などのマニュアルがあるので、入社してからも十分対応できる仕事です。

 

総務部については、ほぼ会社のマニュアルに沿って仕事をするか、「みんなのお世話係になる!」というつもりで、どれだけ社内に気配りできるか、ということがポイントになります。

世話好きの人は、総務部はぴったりの仕事でしょう。

 

ちなみに、「企画部」や「経営企画部」という部門も会社内を支援する部門ではありますが、こちらは、主に会社役員の補佐を行う場合が多いです。

具体的には、経営陣の意向に沿って、会社の方向性を決めたり計画を立てたりして、会社内の部署に計画の実行を促す部署です。

小さな会社だと、このような仕事は社長自らが行うことが多く、企画系の部門を持っている会社はとても少ないです。従業員数が500名以上の比較的大きな会社でないと企画部や経営企画部という部門はないでしょう。

そのようなわけで、新しく入社してすぐに配属されることは少なく、いろいろな業務を経験したのちに配属されることが多い部署です。

興味がある方は、総務部や経理部に配属されてから、こうした企画部門を目指しましょう。

 

そうしたことから、世間に募集をかけるのは少ない部署です。募集があるとすれば、所属は企画部や経営企画部であっても分析のためのデータ整理や資料整理といった総務部的な仕事を任される場合が多いです。

もちろん、企画部や経営企画部の募集は少ないのが現状ですが、もし求人があるのであれば、ここも狙い目だと言えます。

 

部署に着目した就職活動

 

就職活動というと、入り口は業界や会社名からさがしていく、というのが定番だと思います。

でも、どの会社もやっていることは同じ、と考えれば、こうした会社内での仕事に着目して活動していくと、会社の選択範囲がぐっと広がります。

 

特にやりたいことはないけれど、就職せねば・・・と考えている人は、ぜひ、一般管理部門である総務部や経理部などを狙ってください。

なお、どの会社にもある「営業部」ってどうなの?という疑問もあるかと思いますが、営業部はお客さまを開拓したり、すでに契約している取引先のフォローをしたりする仕事です。

求人に「営業部門募集」という言葉はよく目にすると思います。

外に出ていって仕事をもらってくる、というのが役目なので、対人関係や開拓精神旺盛な人なら、頑張れると思います。

 

でも「特にやりたいことがない」と考えている人にとっては、かなりパワーを使う仕事だということは認識しておいた方がいいです。

でも、「人が好き」ならば、外の世界が広がって、とても刺激になる仕事ですし、顧客を開拓できた時の達成感は計りしれません。

ただ、そのような仕事だからこそ、求人も多いわけですけれどね…。

 

まとめ

 

なにもやりたいことないのであれば、業界研究や会社名で就職先を探すのではなく、総務部や経理部などの仕事内容で探した方がよいです。

 

仕事内容は同じであるわけですから、あとは企業としての条件のよいところを優先して活動していく。

会社で仕事をする前にはわからなかったことですが、長い間、会社員生活を経験していると、こうしたことがわかってくるようになります。

まずは、総務部や経理部などの事務職を最優先にして仕事を探しましょう。

きっと、これが正解だったと、入社してからわかるはずです。

 

働く環境を健やかに

職場の「困った!」を教えてください。記事中で無料でコメントしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー/調香師 「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、心優しくも励ましが必要な人たちの手助けになればと思っています。 フレグランスデザインでは、あらゆる香りを創ることができます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© カウンセリング・ビズ , 2018 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!