自分を生きる、活かしてくれる社会のために

手っ取り早く自分がやりたいことを見つける方法2つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー/調香師 「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、心優しくも励ましが必要な人たちの手助けになればと思っています。 フレグランスデザインでは、あらゆる香りを創ることができます。
詳しいプロフィールはこちら

あなたは、自分のやりたいことをやっていますか。やりたいことをやっていなくても、自分のやりたいことが、わかっていますか。

「やりたいことがわからない」というのはよく聞くフレーズですが、実際に、会社で働いている人のほとんどは、自分のやりたいことなんてわからずに毎日を過ごしているのではないでしょうか。

でも、一応、この世の中では、手っ取り早く「自分がやりたいこと」を知る方法があります。

 

「やりたいことがわからない症候群」の治しかた

 

ひとつは、
「やりたいことがわからない」という自分の認識を、まずは認める、意識しておく、ということです。

「やりたいことが分からない」と悩んでいる人は、やりたいことを見つけ出すスタートに立っているとも言えます。「やりたいことがわからない」と自覚しているということは、「自分はやりたいことを知りたい。そして、そのやりたいことをやりたい」と願っているわけです。

 

意識すれば情報をキャッチできる

 

「自分のやりたいことがわからなんだ。自分のやりたいことを知りたい!」と自覚していれば、あるタイミングから「自分のやりたいこと」の情報が引っかかってくるようになります。

自分でやりたいこと、という検索ワードでこの世界にあみを張っているわけですから、蜘蛛の巣のようにいずれその網に自分が求めていた情報が引っかかってくる、というわけです。

 

なんとなく起きて、時間になったから電車に乗って、会社で仕事をして、2時間くらい残業して、家に帰ってくる。疲れたし、明日も早いから、風呂に入って、布団を整えて寝てしまう。こんな感じの毎日が明日も、そして明後日も続く。きっと、明々後日も・・・

「普段、何してる?」という問いに、後輩が答えてくれた日常です。同じような人、結構いるのではないかと思います。

 

目的が見えていれば手段はいっぱい

 

結局、与えられているレールに乗っていれば、オートマティックに1日を過ごせるようにできているのです。特に会社員として生活している場合には、特にそうでしょう。

これは、ある意味、「私は◯◯をしたいのだ!」という強烈な思いがないことからくる日常のような気がします。何かをしたいなら、心の欲する欲求にしたがって何かをしてしまうはずです。

 

「自分が本当にしたいことは何?」
「自分はいったいどのようになりたいの?」

・・・という問いに、明確な答えを持っている人は、本当に幸せだと思います。

 

したいことができていないならば、したいことをするには、どうすればよいか。

自分がなりたいものになるには、どのようにすればよいか。

目的が見えていれば、そこに行くための手段はたくさんあります。ある意味、無限に。

 

でも、そもそも「やりたいことがわからない」という場合は、どこに向かってよいかわからないので、どのように行動したらよいかも分からないままです。

よって、テレビを見たり、ネットサーフィンしたりして、なんとなく、でも、あっという間に時間を費やしてしまう。

 

昨日も「やりたいことがわからない」まま時が過ぎてしまった。そして、今日もそうだ。明日も、わからないままかもしれない・・・

 

こうした状況から脱するには、まずは、この世の中、そして、自分自身の中から「自分のやりたいこと」の情報を集めてくる必要があります。

そのために、「自分はやりたいことを知りたい!」という意識を、自分の中に持っておくのです。

 

やりたいことをわかるようになる強烈な質問

 

やりたいことがわかるようになる、もう一つの方法です。

アンテナを高く育てる余裕はない、手っ取り早く「自分のやりたいこと」を知りたい、と思う人へ、ひとつの質問です。

 

1週間後、自分が死んでしまうとしたら、何をしますか?

 

これは、強制的に自分の中にある「やりたいこと」を見つけ出す強力な質問です。

一週間後に、自分が死んでしまうことがわかっていたら、今の生活をそのまま続けるでしょうか。いつものように会社で仕事をしていますか。

死に直面した人の最期をお世話するホスピスの看護師が聞いた「死の間際で語られる人生でいちばん後悔したこと」の5つは次のようなものです。

 

  1. もっと自由に生きればよかった
  2. あんなに働いてばかりいるんじゃなかった
  3. もっと自分の気持ちを素直に伝えればよかった
  4. もっと友人関係を大切にしておけばよかった
  5. もっと自分を幸せにしてあげればよかった

 

あなたは、一週間後、自分が死んでしまうとしたら、何をしますか。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

手っ取り早くやりたいことを見つけるためには、次の二つの方法が有効です。

 

  • 自分が本当にしたいことは何?…と意識を持って情報がひっかかるようにする
  • 1週間後、死んでしまうとしたら何をするか、と自分に問う

 

こうして、ぜひ「やりたいことがわからない症候群」を脱してください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
心理カウンセラー/調香師 「すべての人が自分らしく生きられる社会」を夢見て、心優しくも励ましが必要な人たちの手助けになればと思っています。 フレグランスデザインでは、あらゆる香りを創ることができます。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© カウンセリング・ビズ , 2019 All Rights Reserved.